読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらさを感じる人のための行政書士を目指すブログ

勉強のあいまに読む本の備忘録です。

『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』ジェーン・スー

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)

「東京生まれ東京育ちが地方出身者から授かる恩恵と浴びる毒」

くらいでした、読みモノになっているのは。

 

やさしさに包まれたなら、四十路。」

小さい頃は、神さまなんていないと思っていました。

うふっ、と笑ってしまうハナレワザも繰り出しては来ますが、どうも読んでいて、フラフラフラフラする語り手なのです。

 

着地しようとするやいな、身をかわして別の話題へ跳び、自虐ネタで幕を閉じます。

そのため、コラムではあれど、教科書にも載るような「読みモノ」=随筆にはなっていない、なりそこなう文章が多いのです。

しかしながら、そうして、「なりそこなって」見せるのが、ジェーン・スーのパフォーマンスの味なのかもしれません。

文章が、「正解しない」ことを楽しみ尽くせるか、どうか……

読みづらいことには変わりありません。

 

そのコラム集の中でも、一際語り手が力んでいてスピード感あるのが、「東京生まれ~」なのでした。

 

東京に生まれ東京に育ち、悪そうな人とはまったく縁のない人生を送ってきました。幼稚園時代は窓を開けると後楽園球場から聞こえてくる巨人戦の歓声。小学校では「8時だョ!全員集合」の観覧に当たった子が羨望の的。中学時代には近所で行われているドラマの撮影を横目に登校し、休日は原宿に遊びに行きました。

高校に入れば雑誌に載っているかっこいい男の子が、友達の友達ぐらいだったりする。雑誌やテレビで紹介される流行りのあれこれは、実際に自分の周りで起こっているあれこれと同じでした。十八歳まではそれが普通だと思っていた。この時は、自分が巨大なテーマパークに産み落とされ、遊ばされていただけとは知る由もなかったのです。

この記述を読むと、こと「東京生まれ東京育ち」の立場についてだけは、語り手はよく自分を客観視できているように思います。

「雑誌やテレビで紹介される流行りのあれこれは、実際に自分の周りで起こっているあれこれと同じでした。」

なんてことを言えるのは、生半可な感覚ではありません。

なぜなら、それは地方出身者の感覚をまったく逆に言い換えた逆説だからです。地方出身者からすると、「雑誌やテレビで紹介される流行りのあれこれは、実際に自分の周りで起こっているあれこれと別の世界・次元で起こっていました。」だからです!

 

ジェーン・スーは続けます。

東京人ではない人が東京を作り、そこで生まれた光はガーッと地方を照らし、誘蛾灯のように地方からまた人を集めてくる。東京人不在の東京狂想曲の始まりです。

これ以降から、ちょっと言い過ぎの、排他的な政治的右派のジェーン・スーの横顔が見えてきます。

地方出身者が移り住んだ「首都:東京」と私の「地元:東京」は、共依存パラレルワールドです。本来ならそれぞれが独立するはずの世界が、同じ場所で同じ時間を共有する矛盾に成り立っている。

「矛盾」とまで言われると、東京で頑張ってきた地方出身者は、傷つくものです。思想が偏っているところ、「共依存パラレルワールド」なんて比喩を使って対比しているがために、毒素は必要以上に強くなっています。読んでいて、自分の交遊関係のなかにいる、「東京生まれ東京育ち」の知りあいの愚行まで思い出されて、不快感すら抱いてしまいます。

読む側に強い感情が生じるのは、語りになにがしかの強さ・勢いがあるからでしょう。

 

ジェーン・スーがなぜ東京と地方をここまで区別したがるのか、理由は、おそらく知るすべがありません。

 

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)

 

 

 

『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』ジェーン・スー

([し]10-1)私たちがプロポーズされないのには、101の (ポプラ文庫)

 

長い同棲経験のある既婚女の話を聞くと、同棲と結婚とはまったくの別物らしい。単純に親戚付き合いが倍になることに始まり、保険や税金に関する手続き、法律からの縛りも含めて多くの変化が起きるそうです。ふたりの家族を作っていくという連帯感が、同棲時代とは比べものにならないのだそうです。

「独身最高!」と謳ってはいるけれど、 けっきょくのところ、封建的な結婚制度や、異性愛体制に対して畏怖し、ひれ伏している、極右・保守的なスタンスの自己啓発本でした。

 

いち「既婚女」の言い分を根拠に、独身になりやすいタイプの法則を述べてしまうところに、インテリ著者の小賢しい側面が押し出されています。

とは言っても、自己卑下する態度(今回は、独身ということを卑下して笑いをとっている)をとる文章一般に見られるように、どんな立場・属性の人をも傷つけないように細心の注意を払って立ち回っているように見えます。

 

とはいえ結婚はひとまず視野に入れず、お互いの人生を無理のない範囲で寄り添わせる大人の同棲は、リスクも高いけれど理想的なかたちのひとつだと思います。

こんなことを言っているから、私はいつまでも未婚です。イエイ!

なんのこっちゃ。

こんなまとめ方をする著者は、誰からも可愛がられたいあまちゃんの顔をしているじゃないですか。

 

 

([し]10-1)私たちがプロポーズされないのには、101の (ポプラ文庫)

([し]10-1)私たちがプロポーズされないのには、101の (ポプラ文庫)

 

 

『1998年の宇多田ヒカル』宇野維正

 1998年の宇多田ヒカル (新潮新書)

 

宇多田ヒカルは好きだ。

でもこの手の新書を読んでアーティストの周辺情報を集めることはしたことがなかった。

 

ネット上のどこかで、誰かがこの本を絶賛していたから興味をもった。

 

要点のない、まとまりを欠いた、雑学だけでページが進んでいく本。

 

冒頭の、「オヤジの昔話に終始しないようにする‼」という趣旨の弁明は見上げたものだと思うが、しかし、著者が自分でも気づいてない「古さ」は、最後に露呈する。

 

300万枚とか400万枚とか800万枚とかいうCDの売り上げのバカみたいな数字の総体は、その全員が音楽ファンなわけがなく、「なんとなくCDを買っていた」人たちが支えていた。若い世代の読者には想像もつかないかもしれないが、CDを買う行為そのものが「なんとなくクールなこと」「なんとなくオシャレなこと」だった時代があったのだ。そして、「なんとなく買っていた」人たちは、ちょっと考えればすぐにわかることだが、特に理由もなく「なんとなく買わなくなる」。

 

最後の指摘はするどい。

それでいて、著者の世代のことしか指していない点で、一面的だ。いまは、音楽という嗜好品を「なんとなく買ったり買わなかったりする」時代でもない気がする。

 

筆者が先日話した20歳前後の子は、聞いたこともない、コアな和製ビジュアルロックバンドのCDを、コアな販売場所を探し当てては愛好していると言っていた。

自身でしているかは分からないが、ビジュアル系というからには、コスプレイベントややオフイベントなんかとも絡むことがあるのではないか。

 

そういう情報は、筆者がクリックするようなサイトには出てこない……。

宇野氏はどうだろうか。

 

ただ筆者が話した20歳前後の子のように、知っている人は知っているし、CDどころかグッズも買うかもしれない。

 

宇野氏が言う、「CDが売れなくなった」のは本当かも知れないが、枕詞を勝手につけて、「大手スポンサーやレーベルのCDが売れなくなった」というところが実際ではないのだろうか。

 

ところで筆者は、宇多田ヒカルの新曲「花束を君に」は、買ったばかりのスマホでポイント購入した。それはいいのだが。

 

 宇多田ファンとして面白かったのは、彼女の音楽に「密室感」「親密さ」があるという指摘。

そういえば、そうかな。

 

 

1998年の宇多田ヒカル (新潮新書)

1998年の宇多田ヒカル (新潮新書)