読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらさを感じる人のための行政書士を目指すブログ

勉強のあいまに読む本の備忘録です。

『いちばんやさしい 憲法入門』有斐閣アルマ

いちばんやさしい憲法入門 第4版補訂版 (有斐閣アルマ)

「ポルノの権利ー表現の自由(1)」

 

四人の執筆者が分担していて、まだ全章読了していないが、各章3~5ページの本文で書かれていて大変とっつきやすい。

なかでも文体が突然イヤミたっぷりになる次のところに笑った。

 

憲法学者はポルノがお好き?

「いちばんむずかしい」憲法といった感じの教科書などを手にとってみてください。表現の自由という大事な項目で、ポルノ表現だとかわいせつ文書だとかを一生懸命とり上げているのに驚くことでしょう

 

いったい、どういうことなのでしょう。憲法の先生方(憲法学者)には、なにかポルノに加勢する特別の思い入れでもあるのでしょうか。そういえば、昔(1970~80年代)の「日活ロマンポルノ」の監督さんたちは、「ポルノこそ体制批判表現なのだ」という、照れ隠しや自己弁護の混ざったような主張をしていたようです。憲法学者は「反権力」という点でポルノと意気投合してしまったのでしょうか。

 

日活ロマンポルノの監督のくだりといい、なんだかよくわからないが、皮肉たっぷりな文章だ。

 

昨日3日で、日本国憲法は70周年を迎えたらしく、同時に改憲論争もホットな感じでニュースにあがってきている。

 

それはともかく。

 

ポルノ映画にリベラル性は筆者も感じたことがある。

『アタシはジュース』というポルノ映画は、美しく面白かった。今でも印象的なシーンがいくつもある。

物語性が強くて、ゲイや低賃金で肉体労働する在留外国人との関係に、若き主人公がたくましくなっていく話だった気がする。

 

 

いちばんやさしい憲法入門 第4版補訂版 (有斐閣アルマ)

いちばんやさしい憲法入門 第4版補訂版 (有斐閣アルマ)

 

 

 

 

 

『「怒り」自分にめざめるレッスン』手塚郁恵・福田京子・川口恵美子

「怒り」 自分にめざめるレッスン: マインドフルネス・セラピーの実践

「マインドフルネス」

心理学の流行りのひとつだと思うが、「身体感覚」を大切にするという趣旨。

ワークショップという実践をベースに書かれているからなのか、どこか宗教臭いというか、ロジカルではなく、要点が分かりづらかった。

 

ただそのなかでも、1つの知見を与えてくれた。

パワハラ(パワー・ハラスメント)」という言葉をよく聞きますが、最も根源的なパワハラは、親子関係ではないでしょうか?会社や企業などのパワハラも、その根っこは親子関係のパワハラにあるはずです。

この本で取り上げられる「勝さん」「葉月さん」(仮名と思われる)が、幼年期~青年期の家族関係になんらかの葛藤がたまたま見受けられたから、経験的に指摘したことなのだろう。

 

「マインドフルネス」については、地域でやるワークショップのちらしで初めてその存在を知った。

ただし、たぶんワークショップの簡易版になら私は参加したことがある気がする。

 

100枚くらいのトランプ型カードにそれぞれ意味が何通りにもとれるような絵が書いてあり、感覚的に好きなものを選んで、カードを媒介して、ほかの参加者と交流するというものだ。

 

1時間くらいのあいだに、20人くらいと話し、最後、床に拡げたカードからめいめい「今の気持ちをあらわす一枚」を選び、簡潔に発表した。

 

自分はこう説明した覚えがある。

「沢山の人と話して、他人が自分のなかに入ってくるような気がしたので、このカードにしました。」

 

かなりじっくり時間をかけて選んでいる人が何人かいたのが印象的だった。

大真面目というか、こだわりが強い感じも見えてくる。

 

 

「怒り」 自分にめざめるレッスン: マインドフルネス・セラピーの実践

「怒り」 自分にめざめるレッスン: マインドフルネス・セラピーの実践

 

 

『こんなにおもしろい 行政書士の仕事』佐野秀雄・佐野誠

こんなにおもしろい 行政書士の仕事 <第4版>

この本の第2版は、亡くなったばかりという佐野秀雄氏との連名であった。

 

版を重ねるごとに、進捗をそのまま伝えるかのように、書きかえているようだ。

 

体育会もびっくりの100社は説明会やらエントリーを就職活動した筆者であるが、結局大学院を追われるまで就職はしなかった。

 

モラトリアムではない、必死に英文の書籍や論文を読み、書き、仕事だと思って死物狂いで院生をやっていた。

 

佐野誠氏が就職活動をやめた当時の私の気持ちを代弁している。

 

こんなことを繰り返すこと47社目……。体育会系だったので体力的には問題なかったのですが、だんだん就職活動に嫌気が差してきました。ほとんどの会社で落ちまくったおかげで、業種を問わずさまざまな会社を見ることができましたが、「この会社に入って仕事をしたい!」と本気で思える会社は1つもありませんでした。

 

実際に発言するとお叱りを受ける内容です。それぞれの会社には一応の物語があり、夢がある。

 

お父様が既に行政書士事務所を成功させていたことの甘えもあったのかもしれないですし。

 

でも私が思い出すのは、他の学生が憧れる大手広告会社だとか、商船会社だとかの「内定」を報告してくる友達のドヤ顔だ。

 

私は法学部だったから周りはロースクールを目指す人も多くて、そういう「人気の」会社のトレンドもわからずにいたし、今思うと入社しておけば人生変わっていたなという会社の面接や試験と、心がまったく通わなかった。

 

大学院もサイアクだった。

 

良い教授陣には恵まれたけど、課題論文ひとつ満足に読んでこない学生たちの相手をする姿には憧れなかった。

 

そして心身の調子を崩して、大学院を辞め、たまたまとある会社に拾ってもらった。

 

研究自体は刺激的だった。

目を輝かせている人たちってどこにいるんだろうと思った。

 

 

こんなにおもしろい 行政書士の仕事 <第4版>

こんなにおもしろい 行政書士の仕事 <第4版>